みずほ証券 公式チャンネル 9月のマーケット動向は?
Home / お金の基本 / 今さら聞けない投資の仕組み「レバレッジ取引」とは?

今さら聞けない投資の仕組み「レバレッジ取引」とは?

leverage

 「レバレッジ」という言葉を耳にしたことがある方は多いでしょう。レバレッジとは日本語に訳すと、小さな力で大きな力を発揮する「てこ」を意味します。

 そこから転じて「レバレッジを効かせる」とは、元手の何倍もの資金を投資して取引することを意味する投資方法を意味します。

 なぜこのように元手の資金の何倍もの取引を行えるのでしょうか。

知ってみれば怖くない「レバレッジ」 ポイントは「差金決済」

 レバレッジと聞くとFXを思い浮かべる方が多いと思います。FXは一般的に証拠金の25倍まで「レバレッジを効かせる」ことが可能な投資です。決済方法は、差金決済です。

 差金決済とは何でしょうか。通常は金融商品を購入する際に代金を払い、売却する際には代金を受け取ります。しかし差金決済の場合は、売買の際の金銭の受け渡しがなく、売買の際に生じた差額(利益や損失)のみを決済します。

 例えば、100万円分のドルを購入し、110万円で売却すると、通常の取引ですと購入時に100万円が必要となり、売却時に110万円が戻ってきます(各種手数料などについては考慮しないこととします。以下同じ)。

 しかし、FX取引(差金決済)の場合は最初に証拠金として4万円を入金し、レバレッジ25倍で取引すると、購入時の100万円が必要ありません。必要なのは証拠金の4万円だけです。そして売却時に購入時との差額10万円を受け取ることができます。

レバレッジが効くのは利益だけではない

 「レバレッジを効かせる」ことによって少ない資金で大きな利益を生むことが可能になりますが、反対に損失にもレバレッジが効き、損失が大きくなることには注意が必要です。

 レバレッジ取引のデメリットをFXの場合で考えてみましょう。100万円の自己資金でドルを購入し90万円で売却した場合、100万円の投資に対して10万円の損失となります。

 しかしレバレッジを効かせて証拠金4万円(レバレッジ25倍)で100万円分のドルを購入し、90万円で売却した場合、4万円の投資に対して10万円の損失が発生してしまいます。このように、元本割れどころか、投資金額以上の損失が発生することがあるのです。レバレッジを効かせて取引する場合には利益も大きくなりますが、損失も大きくなることも理解しておかなければいけません。

>>次ページ レバレッジの仕組みは、どの投資商品に使えるのか?