みずほ証券 公式チャンネル 9月のマーケット動向は?
Home / お金の基本 / 「青春18きっぷ」で行こう!

「青春18きっぷ」で行こう!

(写真=GP Studio/Shutterstock)

1日当たり2,370円で全国のJR線の普通・快速列車が乗り降り自由

「青春18きっぷ」って、ご存知ですか。これがあれば5回(5日)分セットで11,850円(おとな・こども同額)、1日当たり2,370円で全国の日本旅客鉄道線(JR線)の普通・快速列車の普通車自由席に乗り降りが自由。日本中どこへでも格安で行けてしまう特別企画乗車券(トクトクきっぷ)の1種です。

JR全体での販売枚数は年70万枚程度あるらしいので、国民の約180人に1人が年1度は利用している計算になります。とはいっても、実際は学生さんを中心に若者のリピーターが多くを占めていると思われます。ただ、青春18きっぷは年齢にかかわらず誰でも利用できます。そして、お金を節約したい人だけでなく、自由な旅を求める多くの老若男女に支持されているのが青春18きっぷです。

1日24時間をフル活用して東京から九州に行くことも可能

販売および使用期間は春夏冬の一定期間に限定されますが、1人で任意の5日間や5人グループでの日帰りの旅行等に利用することができます。早朝の飛行機で移動した先でJR線の普通・快速列車を利用するのもおすすめです。

また、東京から「安く、どこまでも遠くへ」を実践したい場合、1日が24時間あることをフルに活用します。東京駅-大垣駅(岐阜県)間の夜行快速列車「ムーンライトながら」を使った場合、東京駅23:10発で大垣駅には翌05:50に到着します。全車指定席のため座席指定券520円(閑散期は320円)のほかに、00:00を過ぎて最初に到着する小田原駅までの乗車券1,490円(おとな)は必要ですが、そこからは「青春18きっぷ」を利用します。普通・快速列車を乗り継げば日付が変わる前に九州まで到達可能です(わたしは広島で力尽きましたが)。

今年の夏も後半となりましたが、いつもとは一味違う「鉄道ぶらり旅」に出かけてみませんか。

【おすすめ記事】
今注目されている「旅行積立」って何?
月末金曜は15時退社!「プレミアムフライデー」本当に帰れるの?
円高トレンドなら海外旅行のコストはどれだけ変わるのか?
注目される訪日客の酒蔵ツーリズムと日本産酒類の輸出拡大
「モノ」から「コト」へ 訪日中国人の「お金の使い方」に変化の兆し