みずほ証券 公式チャンネル 10月のマーケット動向は?
Home / お金のコラム / ポケモンGOがヒットした理由

ポケモンGOがヒットした理由

pokemon
(写真=PIXTA)
「世界記録を5つ達成」--。オリンピックの話ではありません。「ポケモンGO」が打ち立てたギネス記録の話です。イギリスのギネス・ワールド・レコーズによると、ポケモンGOはモバイルゲームにおいて具体的に以下のような記録を達成しました。

1. 配信から最初の1ヵ月のダウンロード数が最多
2. 売上高1億ドル達成が過去最速
3. 最初の1ヵ月の収益が最高
4. 最初の1ヵ月間の売上高でトップを獲得した国・地域の数が最多
5. 最初の1ヵ月間のダウンロードランキングでトップを獲得した国・地域の数が最多

世界的にも大人気となったポケモンGOですが、ヒットした理由は一体、何だったのでしょうか。

開発の中心は任天堂ではない!?

そもそも『ポケモン』というと任天堂のコンテンツというイメージがありますが、ポケモンGOの場合は少し異なります。

ポケモンGOは、任天堂(周辺機器「Pokémon GO Plus」の製造・販売)、株式会社ポケモン(ライセンス、開発・運営協力など))、アメリカのナイアンティック(開発・配信・運営)の3社が協力のもと展開しています。

しかし、ポケモンGOは任天堂が開発したものではなく、米国のナイアンティック社が開発したINGRESS(イングレス)というアプリがベースとなっています。イングレスとは、利用者がさまざまな場所を歩き回り、周りに点在する重要な場所「ポータル」やアイテムなどを探すオンラインゲームです。

イングレスではグーグルマップのGPS機能を使ってプレーヤーの位置を追跡し、ポータルの近くにいるかを知らせてくれます。ポータルの近くにいる場合には、他のプレーヤーと交流したり、ポータルを獲得したりすることができます。

今回のポケモンGOには、このイングレスで使用されていたデータが活用されています。

>>次ページ ポケモンGOのヒットの理由