Home / マーケットを知る / トレンドラインで知る“買いサイン・売りサイン”~ ②正しいトレンドラインの引き方

トレンドラインで知る“買いサイン・売りサイン”~ ②正しいトレンドラインの引き方

【★基礎からわかる「テクニカル分析」入門3-2】

トレンドラインとは?

さて、前回のレッスンで株価にはトレンドがあり、上昇・横ばい・下降のいずれかの方向に、波のように上下しながら移り変わっていくことを学びました。今回はトレンドの上値や下値などの目安をわかりやすくするための補助線=「トレンドライン」について解説します。

トレンドラインには、大きく2種類の線があります。

サポートライン(下値支持線)…上昇トレンドのときの、安値と安値を結んだ右肩上がりの線。サポートライン近辺で買われて株価が下げ止まる傾向があります。

レジスタンスライン(上値抵抗線)…下降トレンドのときの、高値と高値を結んだ右肩下がりの線。レジスタンスライン近辺で売られて株価が頭打ちとなる傾向があります。

また、長期的なトレンドラインを「メイントレンドライン」、相場の本質的な傾向を指すラインは、「インターナルトレンドライン」といいます。

インターナルトレンドラインとは、行き過ぎた市場心理による極端な高値や安値を除外し、潜在的トレンドを最適化したラインです。
(ただし、投資家の都合のいい解釈で主観的判断になる性質があるので、注意が必要です。)

いったんトレンドが発生したら、そのトレンドラインを割り込む(ブレイク)までは、トレンド継続とみなします。したがって、上昇局面において、トレンドラインを上から下に下方ブレイクしていない状況で、短期的に急騰したから利益確定で売却する、もしくは投資家の恣意的な考えや単なる思惑で売却するなど、トレンドに逆らう売買は控えた方がよいでしょう。

次は、トレンドラインの引き方と、局面ごとのポイントです。

上昇局面のトレンドラインの引き方

上昇トレンドの場合のトレンドラインの引き方です。

まず①のように2つ以上の安値を結びます。その後、前回の戻り高値を抜けば上昇トレンド入りとみなします。

②の局面では、下値支持線の延長線上を目安に、縦軸で「押し目買い」の水準を確認できれば、買いをいれるのがいいでしょう。

③は、上昇トレンドが継続しているか確認するポイントです。

ただし、すべての安値をキレイな一直線で結べることはほとんどありません。ですから高安の極値を除き、かつ銘柄ごとに適したインターナルトレンドラインを、投資家自身の判断で引くことが求められます。

実際の上昇トレンドチャートで確認してみましょう。

さきほどと同じように、まず2点以上の安値を結びます。

①の時点では、潜在的上昇トレンドが発生しているかは確認できません。

上昇トレンドは、安値も高値も右肩上がりで上昇していくことが前提なので、あくまでも前回の戻り高値を抜いてはじめて、上昇トレンドをみなすことができます。

②は押し目買いのポイント、③はトレンド確認のポイントです。

基本的に上昇トレンドでトレンドラインを下方に価格が突き抜けない限りは、トレンドにしたがってポジションを保有することにより、利益の拡大が期待される重要なポイントです。

横ばい局面のトレンドラインの引き方

つぎに、高値と高値、安値と安値がほぼ同水準で往来する横ばいの相場での、トレンドラインの引き方です。

相場の大半が、このような「もみあい」や「踊り場」といわれるトレンドレスの局面です。

値幅が比較的小さいため、逆張りで売買することが基本です。特にこのようなボックス相場では、代表的な逆張りのタイミングを図るオシレーター系指標のRSIやストキャスティクスを、トレンドラインと併用すると有効です。(オシレーター系指標については、今後の記事でくわしく解説したいと思います)

横ばい局面でのトレンドラインの引き方は、まず、①2点以上の高値を結び、②2点以上の安値を結びます。そうしてできあがった上値抵抗線と下値抵抗線に価格が触れたら、それぞれ買い・売りのタイミングとされます。

実際の横ばいチャートで確認してみましょう。

この場合は、あくまでも“逆張り”で安いところで買うことが基本です。高くなってから買うことは避けましょう。

まず、最低2点以上の高値と高値、安値と安値をそれぞれ結んで、相場に傾きがないことを確認します。

なお、取引時間中のザラ場の高値同士やザラ場の安値同士がまったくの同水準でボックス相場になることはまずありません。

下降局面のトレンドラインの引き方

下降トレンドでのトレンドラインの引き方をみていきましょう。引き方は、上昇トレンドの場合と逆となります。

まず①のように2つ以上の高値を結びます。その後、前回の戻り安値を切り下がれば、下降トレンド入りとみなします。

②の局面では、上値抵抗線の延長線上を目安に、縦軸で「戻り売り」の水準を確認できれば、売りをいれるタイミングと思われます。

③は、下降トレンドが継続しているか確認するポイントです。

実際の下降トレンドのチャートで確認してみましょう。

まず①の局面で2点以上の高値を結び、前回の安値を切り下がることを確認します。

②は、トレンドラインの延長線上で戻り売りの水準を確認し、売りをいれるポイントです。そして③で下降トレンドを確認します。

下降トレンドの場合、価格がトレンドラインを下から上にブレイクするまでは、下降トレンドとみなします。

以上のように、上昇もしくは下降と、明らかなトレンドがある場合は、トレンドラインをブレイクするまでは“順張り”でトレンドフォローし、トレンドレスの場合は“逆張り”で売買するなど、それぞれのトレンドラインに従った売買が必要です。

なお、テクニカル指標やテクニカル分析による売り買いのシグナルが常に正しいとは限りません。ある程度の誤差や間違いなどが発生することにご注意ください。また、1つのテクニカル指標やテクニカル分析によって最終的な投資判断を行うのではなく、複数の指標などを組み合わせて分析することやファンダメンタルズも含めた総合的観点から判断しましょう。

>>次のレッスン「売買タイミング予測に使える『トレンドチャネル』とは?」

>>【連載】これからの相場をテクニカル視点で読む! 中村克彦のテクニカルコラム
毎月更新!直近の相場を、テクニカル分析を使ってわかりやすく解説!

>> 基礎からわかる「テクニカル分析」入門 レッスン一覧へ
本シリーズのバックナンバーはこちら

【動く中村さんはこちら!】
相場のポイントを動画でもくわしく解説しています。みずほマンスリーVIEWは毎月・ストックボイスは毎週火曜日更新されるので、投資の参考にぜひ活用してみてくださいね。

※みずほ証券のサイトに遷移します。

メール送付にあたってのご注意
本企画にかかる質問メールは、お金のキャンパスのスポンサーであるみずほ証券株式会社(以下、みずほ証券)に送信されます。みずほ証券は、本企画で得たお客さまからの質問内容を今後の配信記事に反映するほか、登録された個人情報を、ダイレクトメールの発送等、金融商品やサービス等に関する各種ご提案やご案内のために利用することがあります。詳細は、みずほ証券「お客さまの個人情報の取り扱いに係る利用目的」にてご確認ください。

【おすすめ記事】
東京五輪の経済効果は?その後の落ち込みはどうなる?
転職前に気を付けておきたい税金・年金・お金の話
知っていますか? 「年金」の種類と仕組み
お金のことが学べる映画5選
2020年に向けて市場規模が急拡大 「VR」「AR」で世界はどう変わる?