みずほ証券 公式チャンネル 10月のマーケット動向は?
Home / お金のコラム / サラリーマンの一大決心! “副業起業”ネタの探しかた(前編)

サラリーマンの一大決心! “副業起業”ネタの探しかた(前編)

(画像=Getty Images /Thinkstock)

パラレルワーク(副業・兼業)を政府が推進、そのような記事を読んで興味を持っている人も多いのではないでしょうか? 会社員を続けながら、自分の特技や知識を生かして副業としてビジネスを立ち上げる――そのような起業を選ぶ人が増えています。副業起業で成功を収めるにはどうすればいいのでしょうか。ビジネスチャンスにつながるヒントと、そこから失敗しないためのノウハウを、多くの方の起業支援を実践してきた中野裕哲さんに聞きました。

「やりたいこと」「できること」「ニーズがあること」

「これまでたくさんの方の起業支援をしてきましたが、起業に非常に向いていて、『この才能を会社のなかだけに長い間眠らせてきたのか、もったいない』と思わせる人も少なくありません。起業なんて無理だと決めつけてしまいがちですが、現在の仕事に不安や不満がある、これまでの経験や知識を別のフィールドで生かしたい、やりがいを感じる仕事がしたい……と思うなら、働き方の選択肢の一つとして、副業起業を考えてみるといいと思います」と、起業コンサルタントの中野裕哲さん。

図 起業に成功するのはこんなタイプ

考えてから走るのではなく、考えながら走る
一つのことにのめり込みやすい
安定よりも変化や刺激を求める
どちらかというと負けず嫌い
人付き合いが苦ではない
読書が好きで知識や話題が豊富
人の意見には素直に耳を傾けられる
現状に満足せず行動を起こす
お金を稼ぐことが悪いこととは思わない
 無駄なことにお金を使いたくない

図 副業として起業した理由(副業起業、複数回答)

出典:日本政策金融公庫総合研究所「起業と起業意識に関する調査」2016年

でも、いざ「起業しよう!」と思っても、いったい何をすればいいのか。最初にぶつかる問題は、どんな分野で起業するかです。どうやって起業分野を探せばよいのでしょうか。そうたずねると、中野さんは、大きく三つの円を描きました。

 

図 起業に向けたビジネスチャンスを見つけるために

「一つ目の円は『人生で実現したいこと』、二つ目が『自分ができること』、三つ目が『社会が求めていること』。ビジネスチャンスは、この三つの重なり合ったところにあります。でも、残念ながら最初からここに当てはまるものを持っている人は多くありません」

その場合はどう考えたらいいのでしょうか。中野さんによると、この三つのどれか一つを出発点として、ほかの要素を引き寄せていけばいいそうです。「人生で実現したいこと」が思い浮かばないなら、自分が培ってきたスキルや知識、趣味や体験等、自分の強みを出発点に、それを生かして仕事にできないか、と考えてみる。あるいは、今後◯◯が流行しそうだと感じるのなら、それを自分の特技と組み合わせてみる。

「どれが欠けてもうまくいかなくなってしまう大切な要素です。三つの円が重なり合うポイントで起業することが成功への道。じっくり考え抜いてください」

知識も経験もない分野での起業はしない

中野さんが繰り返し口にしたのは、自分が何をやりたいか、何が得意か、何をやってきたか。起業というと、誰もまだやっていない画期的な起業アイデアが必要であるように思ってしまいがちですが、そういうものでもないようです。実際の副業起業家たちは、どのような事業を手掛けているのでしょうか。

「起業しやすく成功率も高いのは、コンサルタントや講師といった教える仕事です。自分の知識や経験、興味、熱中してきたこと等を生かして、自分は詳しいけれども他人はよく知らないことを教えればいいのです」と中野さんは強調します。

教えることが見つからない場合は、年表を作って、子どもの頃から現在に至るまで自分がやってきことを書きだしてみましょう。高校までサッカーに熱中していたなら、子どもサッカー教室のコーチ、仕事で省エネ装置を扱ってきたなら省エネコンサルタント、というように、経験を仕事に結びつけて見直していくと、「教えることは案外見つかるもの」だそうです。

「画期的なアイデアは不要。むしろ、知識も経験もないまったく新しいジャンルに挑戦するような起業は、なかなかうまくいきません」

>>サラリーマンの一大決心! “副業起業”ネタの探しかた(後編) に続く

 

中野裕哲(なかの・ひろあき)
起業コンサルタント®、税理士、特定社会保険労務士、行政書士、ファイナンシャルプランナー(CFP®、一級ファイナンシャルプランニング技能士)、宅地建物取引主任者。起業コンサルV-Spiritsグループ代表。
起業家支援をライフワークとし、「まるごと起業支援ドットコム」を主催。年間約300件の起業相談を無料で受け、多くの起業家を世に送り出している。日本最大級の起業支援ポータルサイト経済産業省後援DREAM GATEにて7年連続相談件数日本一。起業の最前線、現場での支援経験に基づく独自の起業・独立ノウハウに定評がある。http://v-spirits.com/

日経BPコンサルティング 金融コンテンツLab. 
ライター 平林理恵

日経BPコンサルティング「金融コンテンツLab.」(https://consult.nikkeibp.co.jp/financial-contents-lab/)は、難しくなりがちなお金の話題を、わかりやすいコンテンツに仕上げることをテーマとして取材・情報発信にあたっている制作研究機関。月刊誌『日経マネー』編集部の在籍経験の長いベテランスタッフが中心となり、マネー系コンテンツを提供している。

【おすすめ記事】
サラリーマンの一大決心! “副業起業”ネタの探しかた(後編)
人の「末路」は蜜の味!?『宝くじで1億円当たった人の末路』が受けたワケ(前編)
人の「末路」は蜜の味!?『宝くじで1億円当たった人の末路』が受けたワケ(後編)
「出す」「分ける」「しまう」 3つのステップで“断捨離”実行(前編)
「出す」「分ける」「しまう」 3つのステップで“断捨離”実行(後編)