みずほ証券 公式チャンネル 11月のマーケット動向は?
Home / お金の基本 / 年末近し「NISA」投資をしている人が今すぐチェックすべきこと

年末近し「NISA」投資をしている人が今すぐチェックすべきこと

NISA
(写真=PIXTA)

コンビニや百貨店で、クリスマスケーキやおせちの予約が始まりました。暑い夏が過ぎ、秋が近づいたと思うと、もう年末がすぐそこまできています。投資も年末に向けて、確認する時期にきています。

証券会社や銀行でNISA(少額投資非課税制度)をはじめようと考えている人や、すでにはじめている人は、年末に向けて自身の投資計画や取引をする場合に気を付けたいことを確認しておきましょう。

NISAには「期間限定」があることを忘れずに

NISA口座で購入した株や投資信託を売却した場合、その譲渡益にかかる税金は非課税となります。また、NISA口座で保有している間にその保有口座で受け取った株式の配当金や投資信託の分配金にかかる税金も非課税です。しかし、この優遇税制は購入してから最大5年間までと限られており、1年間に投資できる非課税投資額も120万円(購入時手数料を除く)までと決まっています。

NISAは2014年1月から導入されているので、5年を経過して保有している対象者はまだ誰もいませんが、NISAのメリットを活かすためにも、NISA口座でいつ購入したのか、非課税の期間内なのかなどを、年末までに確認し、投資の計画を見直すことが大切です。

NISAは、譲渡益にかかる税金が非課税になるというメリットがあるのですが、損失についてはNISA口座以外の他の口座で得た利益との損益通算ができないというデメリットがあります。また、優遇税制は今のところ期間限定ですので、NISA口座で購入した場合は、売り時を見極めることも必要です。

NISA口座での非課税投資枠には制限があること

2014年1月にNISAがはじまった当初は、1年間に100万円(購入時手数料を除く)までしかNISA口座で購入することができませんでした。しかし、2016年より非課税投資枠が100万円から120万円に拡大されました。1年間の非課税投資枠が100万円だと思っている人は、20万円分の非課税投資枠を残したままになっているかもしれません。また、2015年までは買いたい株式銘柄が金額的にNISAの非課税投資枠を超えてしまうため、購入を断念しないといけなかったという人も、もしかすると2016年以降は購入できるようになったかもしれません。

NISA口座でその年に余った非課税投資枠は、翌年に繰り越しすることができません。たとえば、今年はまだ80万円の非課税投資枠しか使っていないため、残りの40万円は来年の120万円と合わせて160万円にしようと考えていても、それはできないのです。使わなかった非課税投資枠は消滅し、翌年になると新たに120万円の非課税投資枠の範囲で購入できることになります。

>>次ページ 重要! NISA口座の年内の取引はいつまで?